カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

食器洗い用洗剤「森と・・・」250ml

森とDP

洗剤の使用量を減らすために生まれた洗剤
洗濯用洗剤「海へ・・・」の洗浄成分をベースに、抗菌効果にすぐれた青森ビバの精油をプラスしました。
油分分解型だららできるスッキリ感で、手洗いも食器洗浄機もこなします。
フキンも洗えるので、キッチンはこれひとつでもOK!薄い油膜はスプレーで。ベト付き汚れは原液で。

「森と・・・」7つの特徴
.洗剤そのものの使用量を減らします。
「森と・・・」は排水のことを第一に考えて作りました。今や水汚染の原因の大部分が、各家庭の台所から流れ出る「油」と、大量に使われる洗剤です。つまり上手な洗剤の使い方が水を汚さない、一番の近道なのです。
まず、ご飯やおかずを残さず食べること!洗剤が手助けできることは、この次からです。食器類についた油や食べカスを排水に流さないために、古紙100%のロール紙や新聞紙で拭き取る。油がついてるものだけに、洗剤を使用する。これだけで、洗剤の使用量をかなり減らせます。(さらにこれなら水の使用量も減らせます。)わずかなことだけど、必ず自然は戻ってくるという発想から「森と・・・」は誕生しました。

森とラインナップ .拭き取るタイプの洗剤です。
ほんの少量、「森と・・・」を油のついたお皿に直接スプレーしてください。「森と・・・」は油分分解型の洗剤です。油を100%瞬時に細かく分解します。そして、ここからがポイントです。
分解された状態の油と「森と・・・」を古紙100%のロール紙などで拭き取ってください。この「洗剤ごと油を拭き取る」という方法で、排水に流れる「洗剤」と「油」の量を最小限にします。

.洗浄力バツグン!! なのに洗浄成分の濃度は、極端に少ない。
スプレータイプの「森と・・・」に含まれる洗浄成分は、たったの0.96%。残りの98.99%は全て水です。薄さは、世界一です。これだけ洗浄成分の濃度が薄いと、拭き取ることで、ほとんどの洗剤を排水に流さないことになります。加えて、液性も中性なので手荒れの心配も要りません。
また泡立ちがほとんどないので、食器洗浄機、IH調理台のお手入れにも「森と・・・」は適しています。

.水の使用量も減らせます。
通常の洗剤のように泡立てて使うわけではなく、すすぎだけで済むので、水の使用量も減らせます。また、水温5℃から洗浄力を発揮するので、お湯を使わなくても洗えて、エネルギー(水をお湯にするガスや電気のエネルギー)も減らせます。

.一緒になった油は、自然界で100%生分解されます。
一度混ざった「森と・・・」と油は分解することがありません。油は「森と・・・」と一緒になることで、微生物の力を借りて水と二酸化炭素に変わります。排水パイプに油がこびりつくこともないので、異臭や詰まりが起こりません。洗浄成分の生分解は1日で97%、7日で100%です。

.詰め替え用原液1本で、スプレーボトル12本分をつくれて経済的です。
スプレー1本あたり、250回(引きがねを一番深く引いた場合)スプレーできて、詰め替え用なら¥100という経済的にも安心な価格。原液大さじ1杯を15〜16倍に水で薄めて使います。
また詰め替え用原液は、そのままでも使えます。多量の油分がついてしまったフライパンや鍋の洗浄に。まず紙で表面を拭き取ります。次に、原液を2〜3滴加えることで、油は分解。後はブラシで軽く洗うだけで、油分をすっきり落とせます。フキンのつけ置き洗いにも最適です。

.抗菌効果もあります。青森ビバのエッセンシャルオイルを配合。
青森ビバは、世界でも下北半島のみに生育する貴重なもの。古来から防腐効果を活かし神社の梁などに利用されてきました。キッチンにはぴったりの木の香り(ヒノキ系)です。レンジ周り・ガス代・流し台の掃除、まな板の除菌など「森と・・・」1本で対応でき、台所用のさまざまな洗剤が不要になります。

食器洗い用洗剤「森と・・・」250ml

価格:

880円 (税込 951円)

[ポイント還元 28ポイント〜]
購入数:

在庫

残りわずか

お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

内容量:250ml(スプレー250回分)
成分:【洗浄成分】高級アルコール系(非イオン)0.54%、ヤシ油脂肪酸アルカノールアミド 0.42%
   【香り(抗菌)成分】青森ビバ油 0.05%
   【その他】水 98.99%
メーカ:がんこ本舗

ご使用方法:
通常は・・・
1. 食べ終わった食器を、「油がついているもの」と「そうでないもの」とに分けます。

2. 油がついている食器は、「森と・・・」を軽くスプレーします。油と「森と・・・」を古紙100%のロール紙などで拭き取ってください。拭き取った紙は、燃えるゴミに。
油が多くついているものは、あらかじめ「森と・・・」をつける前に紙で拭き取っておくと効果的です。
油がついていない食器は、洗剤をつけずに紙で食べ物カスを拭き取ってください。

3. あとは水で軽く、クロスやスポンジを使ってすすぐだけ。
食器洗浄機の場合、この時点で水またはお湯ですすぐ設定をしてください。新たに洗剤を投入する必要はありません。

油がたっぷりついてしまった鍋やフライパンを洗うには・・・
1. 古紙100%のロール紙(キッチンペーパーでもOK!)で、鍋やフライパンにこびりついてしまった油を拭き取ります。

2. 拭き取っても残ってしまった油に対し、「森と・・・」詰め替え用原液を2〜3滴垂らし、油をクリーム状にしてあげます。これで油を100%分解できた状態になります。

3. ブラシやタワシで軽くこすって洗い流します。

ページトップへ