カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

草木染めについて



Payaka の 草木染めは『地球をよごさない』ために、はじめました。


10年ほど前は、インドネシアの大地と光の恵みからいただいたエナジーで染めていましたが、
6、7年前から、北タイのチェンマイから車で2時間ほどの村のフルーツ園で染めはじめました。




  


この村は、晴天の日が多く、北タイの中でもとても暑い地域。
地下水には鉄分が多く、ミネラルが豊かで草木染めに向いているため
村全体で草木染めをおこなっています。
ゆっくり、ゆっくりと時間をかけて染めているために染料が定着するのと、
地下水の成分のおかげで、色落ちがしづらくなっています◎

タイ人の気さくなマイさんと、そのスタッフの方たちが
1枚1枚丁寧に染め上げてくれています。
気候、地下水、素敵なスタッフさんたちのパワーが調和し、
鮮やかな色に染め上げることができます♪
*いつもありがとうございます*

 

使った水は、またフルーツ園にもどします∞
晴天が多く水分が不足しがちなので、土に水分をあたえます◎




染めるまえに

  

少しでもムラ染めをなくすために、染まりやすい生地をえらびます。
薪を割り火を入れて布についているミシン油やよごれなどを湯せんして落とします。
そして地下水で調和させて、そのあと、染液に入れます。





成分と染め方

草や木など自然の恵みをいただき、染料をつくります。
つくった染料が布の繊維にくいつき、太陽の下で乾かし、光と水の力で染めていきます☆
色ムラを防ぐために濾(こ)した染液に、何度も「入れる」「干す」という作業を繰り返して、
色を重ねていきます。
ちょうど良い色合いになったら完成です◎



* ロータス 

  
  


コチニールという虫の巣をくだき、粉末状にして水に溶かして染液をつくります。
○陽の光に弱いため、必ず陰干ししてください。
○染料をつくってから染めるまでの全行程で、熱を使用していません。





パープル 

ロータスの染液に、ミョウバンを入れて色を濃くします。
○陽の光に弱いため、必ず陰干ししてください。
○染料をつくってから染めるまでの全行程で、熱を使用していません。




インディゴ 

  

あいの葉を煮つめた液に灰を入れて、染液をつくります。
染液に入れる回数を調整し、ライトインディゴ〜インディゴ〜ディープインディゴの
色合いを変化させます。
○陽の光に弱いため、必ず陰干ししてください。


マンゴー 

  

マンゴーの木の皮をチップ上にして、鉄鍋の中で何時間も煮だてます。
1年を通してその季節ごとに色が違うので
煮だてる時間で調整していきます。



カーキ 

マンゴーの染液の中にミョウバンを入れ、色を濃くします。



ディン 

   

村の山岳から最適な土(泥)をいただき、水で溶かします。
泥は生地の繊維の隙間に入っていくため、他に比べて色落ちがしづらいです。
○陽の光の下に干しても大丈夫です
○染料をつくってから染めるまでの全行程で、熱を使用していません。



ツリー 

  

ディンの染液に、プラドゥーという木の皮を入れます。
○陽の光の下に干しても大丈夫です
○染料をつくってから染めるまでの全行程で、熱を使用していません。




グレー 

 

エボニーのフルーツの実を発酵させて、1ヶ月放置させて染液をつくります。
○陽の光の下に干しても大丈夫です
○染料をつくってから染めるまでの全行程で、熱を使用していません。






取り扱い方法について


草木染めのお品物は、100%天然素材で染色しています。
職人による手作業のため、お品物によって仕上がりの色が変化したり
多少の色ムラがでることもありますが、
その風合いも魅力のひとつと感じていただければ幸いです。

また色留めをしていないため、洗う度に色落ちし
色の変化を楽しむことができることが草木染めの良さではありますが
色移り等には十分にご注意ください。




洗濯方法について


洗濯の際は、漂白剤や蛍光剤が使用されている洗剤を使用せず
手洗いをおすすめいたします。
お湯を使用すると激しく色落ちしますので、冷水または常温の水で洗ってください。
直射日光に長時間さらすと、部分的に色褪せすることがありますので、陰干しして下さい。
お品物は、染色し、乾かした状態で出荷していますので
必ず着用前に一度洗濯してください。




保管方法について


日光や蛍光灯の当たる場所で保管すると、色焼け(色が薄くなったり変色してしまう)が
起きる可能性が高くなります。
長期間、着用せずに保管する場合は、出来るだけ暗い場所に保管されることをおすすめします。
黒い袋に入れるなど工夫してみてください。



草木染めは、化学染料を使用していないため、注意する点はなにかと多いですが
気軽にじゃぶじゃぶと洗って使い込むことで、風合いが出てきます。
地球からのおくりものの心地よさをぜひ体感してください♪
からだとこころが癒されると思います〜☆


**ご理解とご協力、よろしくお願いいたします**